大自然に癒されよう in西表島&波照間島

Pocket

世界でも屈指の大自然が残り、23の島々からなる八重山諸島の西表島と波照間島。
山も海も楽しめるネイチャー・アイランドとして、癒しを求めに多くの方が訪れます。
沖縄本島と比べても海の透明度が高く、様々なマリンレジャーが楽しめる八重山エリアの代表的なアクティビティーをご紹介します。

◆仲間川
先ず、西表島のメインフィールドの仲間川には、日本最大規模のマングローブ林があり、遊覧船が入れない場所へのカヌーやカヤックでの散策が人気です。
異世界に来たような南国の風景の中、珍しいマングローブや干潟の生き物を観察することが出来ます。
干潮時間には干潟に上陸するコメツキガニやミナミトビハゼなど、沢山の生き物に出会えます。

◆ユツン川
ユツン川は、ジャングル、滝、海、マングローブの生い茂る川で、西表島の大自然を凝縮したような場所です。
川沿いをトレッキングすれば上流に滝があり、滝壺で泳ぐこともできます。

◆イダの浜
船浮にある美しいビーチ、イダの浜は海水浴にお勧めです。
船浮へは陸路が無いので白浜港から定期船に乗って約10分、さらに船浮港から徒歩約10分のアクセスです。

◆波照間島
有人島としては日本最南端の島、波照間島は、珊瑚礁が隆起して出来た島です。
北西部に位置するニシ浜は美しいエメラルドグリーンの海に白い砂浜が約1キロ続き、沖縄随一といわれる美ら海には魅力があふれています。
この美しい海にはサンゴ礁と様々な熱帯魚がおり、まさに楽園のような美しさが広がっています。
遠浅の海は透明度が抜群によく、波もほとんどないため、ダイビングや遊泳に適しています。
また、波照間島は星空に一番近い島と言われています。
南十字星を好条件で観測できるため、天体観測の為だけに訪れる方も多く、星空は手を伸ばせば届きそうなほどキレイです。

あなたも東洋のガラパゴスと言われる西表島、忙しい日常を忘れてハテルマブルーとも称される美しい海の波照間島の大自然を訪れてみませんか。